男のダイエット

高校、大学のときは意識しなくてもスリムな体系だったのに社会人になってから見る見る太ってしまった…と悩んでる人も多いかと思います。ダイエットは女性だけでなく男性もしたいものなのです。

低糖質ダイエットの食生活でくびれを作る

メリハリのあるボディは、みんなの憧れです。
しかし、現実はお腹やお尻が太くなりすぎて、くびれなしのボディになってしまうものです。食べないダイエット方法では今度は胸まで痩せてしまい、こちらもくびれなしのボディになってしまいます。とかく、くびれを作るというのは難しいものです。
くびれを作りやすい食生活のポイントは、たんぱく質をしっかり摂取することです。たんぱく質は筋肉の材料になります。ほどよく筋肉がついているボディは、メリハリがあって美しいです。
食生活で心がけるのは、肉や魚をメインの食事にして、炭水化物を少なくするということです。「太る原因は脂肪」と思われていますが、本当の「太らせる犯人は糖質」です。
ご飯、パン、麺類は口に入れた時は甘さを感じませんが、小腸でマルターゼ酵素によってブドウ糖に分解されると角砂糖何十個分の量にもなります。口に入る時に甘さを感じないのは、でんぷんに化けているので甘さがわからないだけです。
ダイエットのためにケーキ1個を我慢してご飯を食べているのは、低糖質ダイエットに関して言えば大して変わらないということになります。
もしどうしてもケーキが食べたいならば、我慢せずに食べましょう。そして後の食生活はなるべく低糖質のものに切り替えれば良いです。ここで大切なのは、罪悪感を感じないことです。多少糖質が入っても、今までたっぷり炭水化物をとっていた状態から見れば誤差の範囲です。
低糖質の食事に切り替えることで筋肉がつきやすくなり、メリハリのある体になりやすくなります。体が慣れてくると食後の眠気もなくなっていくので、気持ちも爽やかになります。
メリハリのあるボディを手にいれるためにも、食生活を見直してみましょう。